簿記3級勉強用テキストの選び方

簿記を受けようと思い立ったら、まずはどんな試験なのか、いつ頃行われるのかを調べます。
そうして本当に受ける気になれば、本屋さんでテキストを選ぶと思います。
テキスト選びは、簿記3級に合格するポイントとなります。

どんな資格試験でもそうですが、簿記3級もテキストの選び方は重要です。
ペラペラとめくってみて、自分に合いそうだと思うものを選ぶのが良いとされています。
ただ、そこで選んだテキストが最初の印象と裏腹に自分に合わなかったが為に、試験を受ける気力をなくしてしまう場合もあり得ます。簿記3級というと、どうしても合格が必要だという人が多くないのも原因かもしれません。

簿記3級ではどんなテキストを選べば良いでしょう。
もし初学者であれば、マンガで説明しているものをおすすめします。
興味や他の資格の素養として簿記を受ける人は、できるだけ細かく説明が載っているものを選びたいかもしれません。
しかし、簿記の用語や考え方は馴染みがないとかなり特殊なものです。3級は基礎的なところなので、無理せず必要十分なポイントをマンガで説明したテキストを選んだ方が、理解がスムーズに進みます。
逆にすでに会計や経理業務に精通している場合であれば、細かいところまで説明しているテキストを選んだほうが良いでしょう。
簿記3級の範囲は本当は広いのですが、合格するために必要なポイントは確かに絞られています。
もう大枠を理解しているなら、今後のことを考えて、細かい部分の知識も深めることに重きを置くと良いです。

簿記3級のテキストは、細かいところが気になるタイプかどうか、という判断基準ではなく、初学者かどうかで選ぶと合格への近道になります。